運転代行サービス”の料金というのは殻都道府県、会社によって差があるので一概に言えないのですが東京都のある会社を例にとってみると20キロで約1万円前後です。

「1万円なんか払いたくない」という人も多いと思うのですが、もし飲酒運転で事故を起こしてしまったことを考えると相当安い買い物なのであり、もともと保険というのは「安心をお金を出して買うもの」なので”運転代行サービス”というのは簡易保険、「安心を買うためにお金を払うもの」と認識すればいいのです。

もし、飲酒運転で人身事故を起こしてしまった場合、下手をすれば刑務所行きであり仕事もクビになり一生が台無しとなってしまう可能性が高く、それを考えると1万円などは安い買い物であると思いますし、対歩行者、自転車、バイクとなるといくらむこうが悪くても車が悪いことになってしまうのが日本の道交法なのです。

少しでもリスクを減らすためにはたかが1万円くらいは払うべきであり、理系の設計者の世界では”フェイルセーフ”という考え方があって、この意味は「完全なる安全」という意味であり理系の設計者はこの考え方を元に設計というかプログラムを作成するのです。

車で通勤している人や車でドライブしていてお酒を飲みたくなるというのは理解できるのですが、飲酒後にリスクを犯してまで1万円をケチり一生を台無しにするのは得策ではありませんし、皆さんもガン保険や自動車保険、火災保険、地震保険などの起こるか起こらないかわからないものに毎年数万円というお金を掛け捨てで捨てているのは「安心を買っている」からなのであり、”運転代行サービス”も同じ様に掛け捨ての保険、「安心を買う保険」なのです。

アップル運転代行の料金設定をご確認したい場合は、利用料金からご確認ください。

仙台市のアップル運転代行の情報

ご利用の際はお願いいたします!

–ご依頼の電話番号–
090-9424-0055