車通勤の地方都市や田舎町では飲酒時の必須のインフラ

運転代行は、公共交通機関が発達している都会ではなじみが少ないかも知れません。
通勤も電車やバス利用が多く、会社や仲間での飲み会でも、
終電車に乗り遅れない様にすれば特に何の問題もありません。

しかし、地方の小都市や田舎町では車通勤が一般的で、
飲み会となると家族に送り迎えしてもらうか、運転代行を利用するかの
いずれかが必要となります。

飲み会で家族に迷惑を掛けるのは気が引けると、多くの方が車でいつもの様に出勤し、
その後飲み会会場まで車で行き、終了後に運転代行を呼んで帰路に着かれる事が多いのです。

公共交通機関が発達していない地方の小都市や田舎町では、
無くてはならないインフラとして利用して頂き、飲酒運転撲滅のお役に立てているのです。

急な体調不良や眠気がひどい時に利用頂いています

車通勤の地方で、飲酒時にご利用頂くのが最も多い利用シーンですが、
馴染みのお客様の中には、その他体調が悪くなったり、
風邪薬を服用して眠気がひどい時などにも、利用して頂いています。

体調が悪かったり、眠気がひどい時に運転する事は、
法的には罰せられる事はなくても、不安全である点は飲酒時と変わらないと言えるでしょう。

自分の身の安全を考えて、こうした時に利用頂くケースも増えています。

慣れない雪道で利用されるケース

雪国では冬にスノータイヤを穿くのは常識です。
しかし冬用のタイヤを装着しても、やはり慣れなければ運転は怖いものです。

転勤で初めて雪国の冬を経験される方の中には、
急な大雪で運転するのが怖いと利用される方も見受けられます。

これも安全を考えれば、賢明な選択と言えるのと思います。

以上の様に、車通勤が一般的な地方の小都市や田舎町では
多くのシーンで運転代行をご利用頂き、
運転代行業者は安全運転の一翼を担わさせてもらっていると考えられます。

アップル運転代行の料金設定をご確認したい場合は、利用料金からご確認ください。

仙台市のアップル運転代行の情報

ご利用の際はお願いいたします!

?ご依頼の電話番号?
090-9424-0055